中綴じ印刷を行うメリットと、行う場合の適切な方法

印刷方法

タブレット端末やスマートフォンの普及により、最近では紙に印刷して資料を準備するというケースが、以前に比べ減っている。
タブレット端末などでは、紙への印刷が不要になり、用紙の削減や印刷コストの削減など様々なメリットがある。
しかし、紙に印刷して資料などを用意することにもいくつかの利点がある。
まずは、タブレット端末などに比べ見やすいということがある。
端末などでは、狭い画面内の情報で見ることになるが、紙であれば、広げることで同時に何ページ分をも見ることができる。
その為、一通り眺めるには、紙による資料の方が有利となる。
また、紙の資料の場合には、電池などを気にする必要がないということや、目が疲れないなどのメリットもある。

紙の印刷物を活用する場合に、その工夫によりいくつかのメリットを得ることができる。
まずは、プリントアウトの仕方がある。
最近のプリンタでは1枚の用紙に数ページ分の情報をプリントできるなど、性能が上がっている。
これらの機能を活用することで、用紙の枚数を削減することが可能になる。
また、インクの選択もある。
会社などにおいて、例えば社内資料では、カラーでなく白黒のプリントで十分な場合がある。
白黒に比べ、カラーではコストが高くなるため、白黒プリントを活用することで、コストの削減にもつなげることができる。
その他、用紙の両面印刷も効果的となる。
1枚の用紙に片面のみプリントすることに比べ、両面を利用することで2倍の情報量をプリントできる。
これらの活用も、コストの削減に繋げることができる。